ミニセグウェイの次にくるマシンは?

ミニセグウェイの次は浮遊するマシンが流行る?

ミニセグウェイの次世代のマシンとしてまず頭に思い浮かぶのが、バックトゥーザフューチャーで使用されていたあのホバーボードですよね。宙に浮くスケートボードのようなもので、映画を見ていつかこんなものに乗れたらいいなと考えたのを覚えています

 

hendo

しかし、すでに宙に浮く乗り物の開発は成功しており、製品化もされているんです!おもしろいことに、全く別の2つのプロジェクトが同時進行しており、どちらも開発には成功しています。その二つのプロジェクトとはレクサスのプロジェクトKICK STARTERのプロジェクトです。

 

一年ほど前に浮遊する乗り物の開発に成功した!と言って世界を驚かせ、最後にちょっとしたジョークだ!と世界中を落胆させた映像がありました。あれからほぼ一年で本当に浮遊する乗り物が出来るとは思ってもみませんでしたね。

 

実際に2つとも映像があったので、映像と一緒に紹介したいと思います。

レクサスの開発したホバーボード

レクサスについてはお堅い企業で、黙々と高級車を作り続けているといったイメージがあったのですが、こういったことにもしっかり手を出しているのですね。なんでもレクサスチーフエンジニアの棚橋晴彦氏の「不可能はなんてない。解決方法を考えるだけだ」という信念がプロジェクトのきっかけだとか。

 

レクサスホバーボードの映像はこちら

 

ただ一言すごい!めちゃくちゃおもしろそうです!

 

見事にボードが浮いていますね。映像もとても綺麗に仕上がっており、思わず見入ってしまいます。

 

なおこのスケートパークは、この映像を撮影するために作られたもので、コンクリートの下にはボードを浮かすためのレールのようなものが敷き詰められています。ですので、通常の地面でどこでもボードを浮遊させて移動するというわけにはいかないのですが、それでもこれは凄いマシンだと思います。しかし残念ながら、この製品に関しては販売の予定はないそうです。

 

またライダーはプロスケーターのRoss Mcgouranで、開発段階から一年近くの間このプロジェクトに関わっているようです。実際に普通の人は乗りこなすのはとても難しいと思いますが、とても良いプロジェクトですね。

 

レクサスには今後もこういった活動を続けていってもらいたいです。

 

KICK STARTERの開発したHend Hoverboard

こちらはKICK STARTERが開発費を募り、すぐさま目標金額の資金を集めを達成し開発したHend Hoverboardです。

 

Hend Hoverboardの映像はこちら

 

これまた楽しそうですね!是非一度試乗してみたいものです!

 

レクサスの製品との違いは、なんとこちらの製品は販売が決定しています。もちろんこの製品も専用の施設の上でしか浮遊しませんが、一度体験してみたいものです。

 

なお、Hend Hoverboardのお値段は100万円前後・・ 庶民には手が出せません・・

 

こちらのHoverboardのライダーもプロスケーターのTony Howkで、スケート界のマイケル・ジョーダンとも呼ばれる凄いスケーターです。トニー・ホークはHoverboardを自在に乗り回していますが、実際に乗りこなすのは難しいんでしょうね。

 

私も一度体験してみたいので、この製品が日本のテーマパークなんかに導入されるのを心待ちにしたいと思います。

次世代のマシンまとめ

hoverboard

ミニセグウェイでも浮遊感を感じる事は出来ますが、次世代のマシンはホントに浮いてます!

 

セグウェイがミニセグウェイに進化してその値段がグッと下がったように、次のマシンも大々的にヒットして手の届く値段になるといいですね。

 

これらの次世代機が一般的になるまでは、ミニセグウェイを乗り回して遊んでおこうと思います。

 

ミニセグウェイTOPへ戻る