ミニセグウェイを徹底比較

ミニセグウェイの選び方やおすすめミニセグウェイを一挙解説!

ミニセグウェイ

おすすめミニセグウェイの選び方は?

 

浮遊感がたまらない!?近未来の乗り物が遂に登場!

 

最近はTV番組等で取り上げられる機会も増え、ミニセグウェイを購入する人が増えています。この乗り物は、慣れると立っているだけで何処までも移動出来てしまう様な感覚に陥ってしまう不思議な乗り物です。

 

ミニセグウェイの乗り方に慣れてくると、大きめの段差を越えたり、その場でスピンしたりとドンドン出来る事が増え、益々ミニセグウェイの虜になってしまいます。

 

完全ハンズフリーに進化して、本家セグウェイを超えたこのミニセグウェイはおもしろすぎる乗り物です!

 

このサイトではミニセグウェイの選び方や、おすすめのミニセグウェイ、ミニセグウェイの乗り方について詳しく紹介しています。

知らないと損する!ミニセグウェイの選び方ガイド

おススメマシン紹介する前に、まずミニセグウェイの選び方について知っていたほうが良い事があります。
ミニセグウェイはその人気の高さから、すでに類似品などが数多く出回っています。

 

爆発

ミニセグウェイの走行性能については、類似品を含めてほとんどの製品で横並びです。スピードが出過ぎると危険なので安全面を重視するとどうしても走行性能を上げれないのでしょう。

 

ですので、私も類似品でも安く手に入れて安全に遊べれば十分だと思っていましたが、残念ながら決してそういうわけにはいきません。

 

日本では爆発などの重大な事故は起きていませんが、一時期世界中でミニセグウェイの発火が相次ぎ通販大手のAmazonでもミニセグウェイの取り扱いを一部見合わせた時期があります。

 

これはちょっとしゃれになりませんよね・・

 

ミニセグウェイは安いからという理由だけで信用できない製品を安易に購入しないほうがいいと思います。

 

ミニセグウェイは過充電防止機能をチェックしよう!

ミニセグウェイを選ぶ際には過充電防止機能のチェックが必要です。粗悪品の発火の原因はバッテリーだと言われています。特にバッテリー充電時の発火事故が多かったのですが、これは過充電の防止機能があれば防げるものです。

 

過充電の防止機能には、バッテリーの劣化を抑えるという意味もありますので、ミニセグウェイを選ぶ際はこの機能がついているものを選びましょう。

 

ミニセグウェイは保証が大事!

またミニセグウェイに乗り始めると、初めは多くの所にぶつけてしまいます。
ハッキリ言って、これは壊れても仕方ないかな・・と思うくらいぶつけてしまいます。

 

その時に大事なのがミニセグウェイの修理保証ですよね?

 

ミニセグウェイに関しては、せっかく安く購入しても肝心の修理保証がついていないので、壊れてしまった時に逆に割高になったといったケースも多いようです。
というか、数万円の電化製品で修理保証がついていないものはちょっと考えられませんよね?

 

ミニセグウェイの選び方まとめ

ですので、ミニセグウェイの選び方に関しては、

  • バッテリーの過充電防止機能がついているか?
  • 無料の修理保証はついているのか?

この2点に関しては、良く注意して確認する必要があります。

 

では、この2点を踏まえて私のおすすめするマシン(ミニセグウェイ)はこちらです!

ミニセグウェイのおすすめはこのマシン!

では、ここからはミニセグウェイのおすすめマシンを紹介したいと思います!

チックスマート(CHIC Smart)

チックスマート

チックスマート

価格:48,900円(税込、送料込)

 

チックスマート(CHIC Smart)は、2年間の保証期間も設けられており、今一番おすすめできるバランススクーターです。また、日本での電動立ち乗り車としての特許をもっているのはチックスマートさんなんですよ。もちろんPSE認証は取得済みです。

 

なお、チックスマート公式サイトから購入すると、キャスター付き専用高級収納袋・チック専用ハンドル・バランスカート・カラーコーン(15個)の4大特典がついてくるのでとてもお得にミニセグウェイを購入することができます。

 

チックスマート

中でも、チック専用ハンドルとバランスカートは、バランススクーターで長く遊ぶなら是非とも手に入れたい所です。詳しく知りたいという方は、公式サイトをご覧下さい。

 

Kintone(キントーン)

Kintone

Kintone
48,900円(税込、送料込)

 

こちらのマシンは楽天ランキングでも1位になった超人気商品です。

 

スタイリッシュな外観でとてもかっこいいマシンですが、実は人気の秘密はその保証の手厚さです。半年以内の無料修理保証期間を設けるなど、現在発売中のマシンの中では一番信頼性の高い商品です。

 

もちろん過充電防止装置が施されていて、バッテリーが原因の発火は心配いりません。

 

バランススクーター K1

チックスマート

バランススクーター K1
価格:33,500円(税込、送料込)

 

比較的安くミニセグウェイを手に入れたいという方におすすめなのが、K1です。

 

このK1はPSE認証や1年間の修理保証もしっかりとついているので、安心して購入できるミニセグウェイです。

 

↓公式サイトはこちらから↓

⇒バランススクーター K1を楽天で見てみる

これ以外にもミニセグウェイを比較する時に楽天・アマゾン・商品の公式サイトは見つくしました。

 

現状ではこの3台がおススメですが、これ以外にもこれからミニセグウェイの良いマシンが発売されるかもしれません。正直製品の安全性と、故障時の保証さえしっかりしていれば、私が紹介したマシン以外の他のミニセグウェイを選んでも何の問題もないと思います。

 

早くあなたのお気に入りの一台を見つけて、ミニセグウェイを乗り回しましょう!

ミニセグウェイの価格(値段)はいくら? 安心できるマシンは4-5万円が平均ライン!

ミニセグウェイの価格(値段)は、2万円〜7万円といったところです。

 

ずいぶん価格に開きがありますが、やはり極端に安いマシンには過充電防止装置やしっかりした保証がついていないものが多いです。とはいっても、たまに在庫整理などで良いマシンが安く販売されている事もあるので安くミニセグウェイを手に入れたいという方は、根気よく探してみるのもアリだと思います。

 

少しでも安くミニセグウェイを手に入れたいのは当然ですが、やはり保証や過充電防止装置のことを考えると4-5万円のマシンを購入するのがおすすめです。

 

※ちなみに、過充電防止装置とはバッテリーの過充電を防ぐための機能です。充電機側ではなく、製品本体に取り付けられています。

ミニセグウェイの速度について

ミニセグウェイの速度については、どの製品でも最高速度が10Kmほどに制限されています。横乗りタイプのライディングホイールや、一輪タイプのものは最高速度がもう少し上がります。

 

この10Kmというミニセグウェイの速度は、人間の歩く速さが平均4Kmほどで、10Kmというと軽くジョギングをした時の速度をイメージすると良いかもしれません。ミニセグウェイは前をよく見ていない時に、小石等でつまずいてしまうことがあるので最高スピードを上げ過ぎるのも危険ですね。

 

なお、平坦な道でのミニセグウェイの最高速度は10Kmほどですが、下り坂ではスピードが上がってしまうことがあります。ミニセグウェイはある程度のスピードが出てしまうと、今度は怖くて降りることができなくなってしまうので注意してくださいね。

ミニセグウェイの乗り方は?どうすれば簡単に乗れる?

ミニセグウェイ 乗り方

ミニセグウェイの乗り方はとても簡単。誰でもちょっと練習すれば簡単に乗れるようになります。

 

ミニセグウェイは内部に組み込まれたジャイロ機能により、自動でバランスを保ってくれます。

 

ですので、ミニセグウェイに乗ったらあとは重心を少し傾けるだけで進みたい方向に走り出すことが出来ます。文字にするとイメージが湧きにくいですが、実際に乗ってみると驚くほど簡単にイメージ通り走る事が出来ます。技術の進歩って恐ろしいですね・・

 

初めてミニセグウェイに乗る時のちょっとしたコツ

ここからは初めてミニセグウェイに乗る時のちょっとしたコツについてお伝えしようと思います。

 

ミニセグウェイ 乗り方2

 

  • 最初は平坦な場所から
  • 初めてミニセグウェイに乗る場合は、まずは平たんな場所でチャレンジしてみましょう。最初は地面に角度がついているとバランスが取りづらいため、なるべく平坦な場所から乗り始めるようにしましょう。

     

  • 背筋をピンと伸ばす
  • これはみなさんおっしゃるミニセグウェイの乗り方のコツですが、初めは恐怖心もあるため体が丸くなってしまいます。そこで恐がらずに少し背筋を伸ばすしてマシンに立つとバランスがとても取りやすくなりますよ。

     

  • 視線は進行方向の先に
  • 最初は真下を向いてしまいますが、少し遠くを見るようにするとバランスが安定します。遠くを見る事によって背中が丸くなるのを防ぐ事も出来るのでおススメです。しかし、ミニセグウェイは小石などに弱いため、進行方向の障害物を注意深く見ていないと痛い目にあうかもしれません・・

     

  • 鉄棒の上に立つように
  • 両方の車輪の真ん中に一本の棒が通っている事をイメージしましょう。鉄棒の上に立つようなイメージですが、実際はミニセグウェイに乗るのに鉄棒の上に立つほどのバランスは必要としないためこれをイメージしていると簡単に乗る事が出来ますよ。

     

  • 降りるのは完全に停止してから
  • ミニセグウェイから降車する時は完全に停止してからにしましょう。移動中に無理に降りようとするとバランスが狂い転倒してしまう危険性があります。

ミニセグウェイに乗る時の注意点は?

では、ここからはミニセグウェイに乗る時の注意点について説明します。

濡れた路面で乗らない

ミニセグウェイは濡れた路面で乗ると、滑りやすく簡単に転倒してしまいます。また、水分がミニセグウェイに入り込んでしまうのも良くありませんので、濡れた路面での使用は控えたほうがいいでしょう。

 

下り坂に注意する

上記でも書いていますが、ミニセグウェイは急な下り坂では、上手くブレーキをかけながら進まないとかなりの速度が出てしまいます。急な下り坂では慎重にマシンをコントロールしましょう。

 

体重制限を守る

ミニセグウェイには体重制限があります。軽すぎるとミニセグウェイが誤作動を起こしやすく、重すぎるとミニセグウェイの故障の原因となってしまいます。体重制限については、ミニセグウェイのメーカーによって異なるのでメーカーの製品情報を参考にして下さい。

ミニセグウェイを公道で移動用に使っていいの?

チックスマート

ミニセグウェイは公道での移動には適していません。
ミニセグウェイは道交法の適用を受けるため、ミニセグウェイの公道での使用は処罰の対象になる恐れがあります。

 

これについては色々と議論のある所ですが、現状では移動用に使う事は控えたほうが良さそうです。私も何も意識していなかった時に、近所をミニセグウェイで移動しておまわりさんと遭遇しました。この時は特に声をかけられる事もありませんでしたが、状況によっては捕まっていたかもしれないと考えるとあまり移動用に使う気にはなりませんね。

 

また、ミニセグウェイで街中を走れる様に法律の改正を求める声も上がっています。茨城県つくば市など一部の地域では、本家のセグウェイの使用が条件付きで許可されています。この動きを拡大させてミニセグウェイの街中での通行を許可してはどうか?というものですが、私の個人的な意見としてはミニセグウェイを街中で乗り回すのはかなり危ないと思います。

 

一度乗ってみると分かるのですが、ミニセグウェイはほぼ体を動かさずに方向転換できます。
通常は前を歩いている人が曲がろうとしている事や、止まりそうな時など何となく気配で分かるものですが、ミニセグウェイに乗っているとその気配が完全に消えてしまうため動きを予測する事が出来ません。これにより、軽い接触事故などが増えてしまうと思います。

 

イギリスでもミニセグウェイの公道使用が禁止に!?

イギリス国旗

イギリスでもミニセグウェイの公の場での使用が禁止になりましたが、小さな問題がたくさん起こったようですね。イギリスはセグウェイは移動用に許可されているためこういった乗り物に寛容なイメージがあります。あの国で禁止になるなら日本での使用が許可される可能性は低いと思います。

 

ミニセグウェイは移動に使えなくても十分に楽しめる乗り物です。
公園などまわりの迷惑にならないところで思う存分乗り回しましょう!

休日はミニセグウェイに乗ってみんなでワイワイ楽しもう!

ミニセグウェイはまだめずらしいので、休日には家族や友人とワイワイ楽しむことができます。

 

家族や仲間と外でワイワイ盛り上がれるミニセグウェイは、持っていると休日の選択肢が増える事間違いなし!
私の子供はすでにミニセグウェイを乗りこなし、↓の動画のようにスピンしまくっています。

 

 

なお、ミニセグウェイはとても簡単に乗れるようになりますが、慣れてないうちは小石などにつまずいてこけてしまう事もあります。特に小さなお子さんがミニセグウェイに乗る際は、最初はヘルメットや肘あての着用をおススメします。

ミニセグウェイについてのまとめ

ミニセグウェイはどの製品でもサイズはスケートボード位で、重さは大体10Kg程度です。
最高速度は10Km程度。最大移動距離は20-25Kmが標準ですが、ぶっちゃけそんなに長距離を走る事はないと思います。

 

このミニセグウェイは今までに体験した事のない不思議な感覚で移動出来る乗り物です。
あ〜!ミニセグウェイに乗りたくて堪らない!とまではなりませんが、毎週末を楽しく過ごせるおもしろい乗り物ですよ。ミニセグウェイのおかげで、私は最近週末雨が降らない様に祈るのが習慣になってしまいました。

 

ミニセグウェイは少し値が張るので購入は慎重になりますが、手に入れるとかなり楽しむ事が出来ます。
興味のある方はミニセグウェイを手に入れて、仲間や家族とワイワイ楽しむ事をおススメします!

 

↓保証の手厚いマシンはこちら↓